ヘアメイクのテクニックを教えてます

私がキャバクラで働くようになったきっかけは、やっぱり派手なことがしたかったからです。

昔から派手好きで、大学を卒業してから働き出した会社でも派手にやっちゃってたんです。

そしたら、すごく怒られてしまって、誰にも怒られずに派手なことができるキャバクラで、キャバ嬢をやろうと思ったんです。

キャバ嬢として働き出したら、これって私の天職じゃないと思うほど、キャバ嬢が合っていました。

毎日、仕事をするのが楽しくて、こんなに楽にお金が稼げていいのかってくらいです。

無理に昔の仕事を続けているよりも、ずっと良かったです。

もちろん、たまには辛いこともあるんですけど、それ以上に楽しいことが多くて、辛いことは忘れちゃうんです。

特に楽しいのは、髪型で遊べることです。

アゲ嬢のヘアメイクってあるじゃないですか。

あの盛りに盛った髪型が出来るんです。

アゲ嬢のヘアメイクが大好きな私にとっては、キャバクラは天国のような職場です。

大学時代にアゲ嬢と呼ばれていた私は、ヘアメイクのテクニックにも自信があります。

だから、盛りに盛ったヘアスタイルで毎日出勤しています。

同僚の子に、アゲ嬢の頃のヘアメイクのテクニックを教えることもあります。

これが好評で、私のテクニックを知りたいって子がたくさんいます。